(独)科学技術振興機構 社会技術研究開発センターの研究支援事業「研究開発成果実装支援プログラム」の支援を受け、新潟県上越市を対象に津波防災活動を実施しています。シミュレータを活用した防災活動を通じて、本活動が津波防災に有効な取り組みとして認知されること、また、人的被害の最小化に向けた取り組みにおいて活用されることにより、現状よりも一人でも多くの犠牲者が助かる社会を形成することを目的としています。

 本活動では上越市を対象にシミュレータを整備し、想定地震の津波が発生した場合、住民の避難行動の違いで人的被害が低減するかについてシミュレーションを用いて分析し、これらの結果を用いて、津波発生時の適切な避難行動の重要性について説明しました。また、シミュレータを活用した防災活動を地元自治体で単独で実施するためのツールとして、動くハザードマップを開発するとともに、学校教育のなかで利用できるように、動くハザードマップのキッズ版を作成しました。

 上越市動く津波ハザードマップは(株)アイ・ディー・エーが(独)科学技術振興機構 社会技術研究開発センターの研究支援事業「研究開発成果実装支援プログラム」の支援を受け 群馬大学大学院 災害社会工学研究室の協力のもと作成したものです


上のバナーをクリックすると動くハザードマップが表示されます。
※以下の注意書きをよく読んでからご覧ください
・ポップアップブロック等が機能している場合、正常に表示されない可能性があります。正常に機能させるためには、本サイトをブロックの対象外にするなどの対応をお願いします。
・ご覧いただくためには、Adobe社が配布しているFlash Playerが必要です (無償)。Flash Playerをインストールすることにより、動画ファイルの閲覧が可能になります。以下のサイトにてご用意ください。

Adobe、Adobe Flash Playerは、アドビシステムズ社の米国および/または各国での商標または登録商標です。
Adobe Flash Playerの不具合や利用方法についてはアドビシステムズ社にお問い合わせください。